植物系亀頭増大成分

口コミ、評判を比較してランキング。選び方や成分、副作用、効果的な飲み方、効果なしの理由も解説。効果ありのおすすめの増大サプリを教えます。
コレでギンギンにでかくなる!

■植物系亀頭増大成分

●マカの効果

植物系の亀頭増大、強壮成分として有名なのがこのマカです。元々は南米のペルー原産でアブラナ科の多年生植物です。

栄養価が高い植物として知られていますが特に男性の下半身の能力を高める作用のある栄養を多く含んでいる為、天然のバイアグラと呼ばれるほどです。

マカに含まれている成分は必須アミノ酸を含んだ十種類以上のアミノ酸や亜鉛や鉄分やビタミンなどが豊富に含まれています。

特に亀頭増大に効果のある『アルギニン』が豊富なのが特徴ですね。抗酸化作用や疲労回復、男性ホルモンの分泌促進までの効果が期待できます。

●アカガウクルアの効果

アカガウクルアは別名でソフォンとも呼ばれる熱帯性植物でハーブとして古くから男性の滋養強壮、精力アップの目的で使われてきました。

アカガウクルアの主な効果としては、疲労回復効果やエイジングケアなどの効果が期待できます。

●クラチャイダムの効果

クラチャイダムはショウガに分類される植物で、原産地は東南アジアです。

タイでは、1000年以上前から滋養強壮効果が高い植物として知られていて、男性の下半身を鍛える目的だったり、勃起力のアップに使われてきました。

成分には抗酸化作用のある『11種のフラボノイド』やアルギニン、BCAA等の必須アミノ酸が豊富に含まれています。

特に、クラチャイダムで注目するべき点はマカのなんと2倍ものアルギニンを含んでいる点です。なので、精力増強などにはうってつけの素材なのです。

●モリンガとは

モリンガは正式にはワサビノキといわれていて、近年ではスーパーフードとして注目されている植物です。

チんコ増大方法

その特徴は栄養素が豊富に含まれていて、食物繊維やミネラルやビタミンやアミノ酸など身体に糸言われている栄養素が盛りだくさんに配合されています。

これらの栄養素がたくさん配合されていることにより、アンチエイジングや腸内環境の整い方はもちろんのこと疲労回復効果などさまざまないい効果が期待できます。

●田七人参とは

田七人参はウコギかと呼ばれる植物で、中国が原産地で、最近まで海外への輸出が禁止されていた貴重な植物です。

最近になって海外への輸出が可能になり、中国以外の日本などでもサプリなどに使われるようになりました。

含まれている成分はサポニンやアルギニンやビタミンやフラボノイドなどさまざまな人体に有益な効果をもたらしてくれる成分が含まれていて増大サプリには最適な素材といえるでしょう。

●スピルリナの効果

スピルリナは濃緑色の単細胞藻類で約35億年前から同じ形で生息してきたという特殊な生物です。現在はメキシコなどの温暖な湖に生息しています。

地球上に最初に出現した藻類のひとつだといわれていて、植物と動物に分化するまえの生物なので、両方の性質を持っています。

ベータカロテンをはじめとしたビタミンやミネラルが豊富に含まれている別名スーパーフードともいわれています。

栄養素の消化吸収率も95%と非常に高いのが特徴で、現在様々な健康食品に使用されています。

直接的な亀頭増大作用は弱いですが、栄養価が非常に高い為、疲労回復や滋養強壮等の身体の根本からの健康維持を目的としています。

●やまいもの精力効果

中国や日本国内でも分布する植物で、食用としてはそのまま調理して食べる事や、すりおろしをして『とろろ』として食する事が多いです。

山芋に含まれている成分で特に有名なのがムチンと呼ばれている成分です。ムチンには細胞の新陳代謝を促進させてくれる効果が期待できます。

また、アルギニンや亜鉛などのミネラルも豊富に含まれているので、男性ホルモンの分泌促進や血流の促進効果を期待できます。